FT-736は過去に何台も入荷しましたがフルバンドは初めてかも !

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
FT-736
スポンサーリンク

久々のヤエスFT-736の買い取り

FT-736は過去に何台も買い取りし旅立っていきました。
今回は久々の入荷です。
ありがたい事に50~1200MHzまで4バンド共フル装備です。
4バンド共フル装備は多分今回が初めてだったと思います。


発売時点では世界初の1台でV/UHFの4バンドをカバーするオールインワンのオールモードです。
FT-736は結構出回っておりますが、144,430MHz帯の2バンド搭載の10W機がほとんどです。
型番による違いは下記の表の通りで、50MHz帯はすべての機種でオプションになります。

型番ごとのパワーと搭載バンド

型番 POWER 50MHz 144MHz 430MHZ 1200MHz
FT-736 10    
FT-736M 25    
FT-736X 10  
FT-736MX 25    〇  〇

FT-736は1987年にヤエスから発売になりました。
ちなみに当時の定価は無印が227,900円、FT-736Mが239,900円、FT-736Xが286,900円、FT-736MXが299,700円でした。

同年にヤエスから発売になったアマチュア無線機

1987年頃はアマチュア無線も盛んで毎年各社が多くの機種を発売しておりました。
ヤエスだけでも下記の通りです。

FT-736 V,UHFトランシ-バ- 144/430MHz SSB/AM/CW/FM 10W
FT-736M V,UHFトランシ-バ- 144/430MHz SSB/AM/ CW/FM 25W
FT-736X V,UHFトランシ-バ- 144/430MHz SSB/AM/ CW/FM 10W
FT-736MX V,UHFトランシ-バ- 144/430MHz SSB/AM/ CW/FM 25W
FT-211L VHFトランシ-バ- 144MHz FM 10W 59,800
FT-211H VHFトランシ-バ- 144MHz FM 45W 63,800
FT-757SX HFトランシ-バ- 1.9-29.7MHz SSB/CW/AM/FM 10W
FT-757GX HFトランシ-バ- 1.9-29.7MHz SSB/CW/AM/FM 100W  .
FT-757GXにはモービル用の50W機FT-757GX/50もありました。
FT-711H UHFトランシ-バ- 430MHz FM 35W 65,800
FT-711L UHFトランシ-バ- 430MHz FM 10W 62,800
FT-790mkⅡ UHFトランシ-バ- 430MHz AM/CW/SSB 2.5W
FT-747GX HFトランシ-バ- 1.9-29.7MHz SSB/CW/AM/FM 100W
FT-747SX HFトランシ-バ- 1.9-29.7MHz SSB/CW/AM/FM 10W
FT-212L VHFトランシ-バ- 144MHz FM 10W 54,700
FT-712L UHFトランシ-バ- 430MHz FM 10W 57,700
FT-212H VHFトランシ-バ- 144MHz FM 45W 59,700
FT-712H UHFトランシ-バ- 430MHz FM 35W 63,700
FT-4700 V,UHFトランシ-バ- 144/430MHz FM 10W

今回入荷のFT-736を点検しました。

FT-736 -50MHz
FT-736 -144MHz
FT-736 -430MHz
FT-736 -1200MHz

各バンド共定格通りの出力はでておりますし、受信部も聞いた限りでは問題なさそうです。
1200MHz帯はマイクロウェーブを卒業(中退 ?)した際に手持ちのHP-432をはじめ何台かのパワー計を処分してしまったのでクラニシのRW-155Dでの測定なので参考値です。

無線機類の買取、修理の依頼は川花書房まで


ヤエスのトランシーバーに関しての他の記事は👇

ハムだけではなくCB愛好家にも愛されたヤエスのFT-101
OLYMPUS DIGITAL CAMERA八重洲無線のSSBへの取り組み1級と2級しかなくて、ハードルの高かったアマチュア無線技士の従事者免許に、電信級、電話級の資格が追加され初めての国家試験が実施されたのが昭和34年(1959)です。こ
タイトルとURLをコピーしました