トリオのTS130は当時はモービルハムに人気のあったトランシーバー | 川花書房の買取、修理日記(JA2FJG)

トリオのTS130は当時はモービルハムに人気のあったトランシーバー

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

TS-130はどんな無線機

トリオのHF帯のオールモードトランシーバーTS-130は1980年に発表になりました。

TS-120の後継機で、100WタイプのTS-130Sと10WタイプのTS-130Vがありました。

今ではそういう事はありませんが、価格もTS-130Sの方が2万5千円ほど高く、奥行も60mmほど長くなっておりました。

独自のPLL回路を使用したシングルコンバージョンのスーパーで、FETのバランスドミクサーを採用しておりました。

新しく割り当てられるWARCバンドも受信だけですが、可能になっておりました。

SSBモードではバンドを切り替えると自動的に、LSBとUSBが切り替わります。

今の無線機に比べるとずいぶん大きいのですが、当時としては小型の部類でモービルハムにも人気がありました。

丁度この時期にモービルハムを中心とした、グループに参加しておりましたので、私も一時期クルマに積んでおりました。ノイズには随分悩まされました。

今回入荷したTS-130V

今回入荷したのは10WのTS-130Vですが、電源コードがありません。

この時期はアマチュア無線の製造メーカーが、独自の電源コネクターを採用しておりまして、TS-130のコネクターも今では入手が困難です。

時々入荷してきますが、ほとんどの場合電源コードがありません。

仕方なくモニターに使っている自分用のTS-130から、一時借用して点検する事になりました。

なかはなかなかキレイです。

TS-130の内部

この電源コードがありません。

TS-130の背面

残念ながらCW用のフィルターをはじめオプションは付いておりません。

TS-130どうしで相互テストをしましたが、動作は問題ないようです。

キャリアーポイントのズレもキャリアー漏れもありません。

相互テストの相方は今もシャックに置いてモニター用に使っているTS-130です。

他社の無線機よりも聞きやすいトリオトーンでモニターには最適です。

今のところ実施しておりませんが、クリスタルフィルターを取っ払うとよりモニター用にはよさそうです。

トリオに関して他の記事は👇

トリオのTS-180は少々路線から外れたHFのトランシーバー
少々異色のトリオのHFトランシーバーTS-180トリオのTS-180はTS-130の前年にTS-120と共に発売されました。なぜTS-120と同じ100番台にしたのか謎です。トリオのTS-100番台はこの時からはじまっておるのに、TS-12

コメント

タイトルとURLをコピーしました