異なった保管場所に置いた悲劇ーヤエスのFT-1000MP MarkVとFP-29

この記事は約7分で読めます。
ヤエス FT-1000MP MARKV

ヤエスのFP-29と1000MP MarkVを別々に保管

延び延びになっていた春日井市への出張買い取りの時にあまりの大量の無線機類なので、書庫と居間の二か所に無造作に降ろしました。
ヤエスの1000MP MarkVが発売になった頃はマイクロウェーブに熱中しておりましたので、ヤエスやアイコムのHFの無線機にはあまり興味がありませんでした。
ただケンウッドの無線機とアイコムのIC-910等のUHFのオールモード機は別です。

電源だけ先に捌いてしまいました

ヤエスのFP-29が1000MP MarkVの専用電源とは知る由もありませんでした。
1000MP MarkVは居間、FP-29は書庫に降ろしてしまいました。
共に元箱入りだったので、点検の簡単なFP-29だけ先にヤフオクで捌いてしまいました。

ヤエス FP-29

1000MP MarkVを点検も電源がナシ

いざ1000MP MarkVを点検しようと裏面のコネクターに、通常の6ピンの電源ケーブルを挿し込もうとしても合いません。
そういえばFP-29にコネクターの付いたやたら太いケーブルが付いていたなと思い出しました。

ヤエス FT-1000MP MARKV 背面
ないものねだりも出来ません。
先にFP-29だけ捌いた私が悪いのですから。
点検はおろか通電の確認もできません。
幸いコレも元箱入りだったので、かなり値段を下げて出品しました。
運よくすぐに旅立って行ってくれました。
画像にUCCののコーヒーカップが写っているのはご愛敬で。



無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました