アマチュア無線機の修理

アマチュア無線

ヤエス「FR-50B」の相棒「FL-50B」ですが点検、調整は厄介です

ヤエスのFL-50B、FR-50Bは今でもよく入荷しますが、残念ながらFR-50BはまだしもFL-50Bはほとんど見向かれもしません。静岡市からトリオのTS-180やヤエスのFL-50/FR-50等の持ち込み買い取りFL-50B機器概要:...
アマチュア無線

半導体の入手難でヤエス FT-101ZDの修理が一向に進展しません

ヤエスのFT-101ZDとは相性が悪い どうもヤエスのFT-101ZDとは相性が悪いようです。画像は前回のヤエスのFT-101ZDの修理時の画像です。依頼されたヤエスのFT101ZDの修理がようやく終了前回もかなりお待たせし...
アマチュア無線機の修理

最近リニアアンプの修理の依頼が増えておりますが・・・・・・

持て余しているリニアアンプの記事を投稿したせいなのかどうか分かりませんが、最近リニアアンプの修理の依頼が増えております。サイトには「腰痛の悪化もございますので、重量のある無線機の修理もお断りしております。概ね15Kg以下でお願いします。」...
2022.08.04
アマチュア無線機の修理

トリオのTS-700S は40年以上前に発売になった144MHzオールモード機

しばらくHFの機械ばかりイジッテいましたら、V,UHFの未整理品、故障品もずいぶん溜まってしまいました。最近モービル機等はほとんど売れませんし、売れても超格安です。そのなかからTS-700Sを引っ張り出してきました。TS-700Sは197...
アマチュア無線機の修理

無線機の自作も修理も基本は半田付け | コテ 選びのコツ

無線機の自作も修理にも必要な半田付け 半田付けとは鉛とすずの合金であるはんだを用いて、熱を加えて金属同士を接合する事です。金属の種類にも半田付けの容易な金、銀、銅から半田付けのしにくい鋼、ステンレスなどがあります。鋼、ステン...
アマチュア無線

トランジスターは少々カゲがうすくなってきましたがまだまだ健在です

アメリカ・AT&Tベル研究所のウィリアム・ショックレー、ジョン・バーディーン、ウォルター・ブラッテンが発明したトランジスタが初めて公開されたのが1948年6月30日です。後にこの3人はノーベル物理学賞を受賞しています。 トラ...
アマチュア無線

せっかく免許を取得してアマチュア無線局を開局したからには、揃えておきたい測定器

せっかく無線従事者国家試験を受けたり、講習を受けてアマチュア無線局を開局したからには、できるだけ楽しみたいものです。少なからず受験勉強をしたり、眠い講習に耐えて学んだ知識はできるだけ忘れないようにしたいもの。出来ればさらに発展させ...
アマチュア無線機の修理

初心者のためのオシロスコープの基本的な使い方とオシロ選びの注意事項

アマチュア無線家にとってテスターに次いで、揃えたいモノでありまた役に立つ測定器がオシロスコープです。 オシロスコープについて基本的な使い方から購入の際の注意点について述べています。 本記事は2018/11/21に投稿し...
アマチュア無線機の修理

40年以上前に発売になったトリオのTS-700S の点検と修理

しばらくHFの機械ばかりイジッテいましたら、V,UHFの未整理品、故障品もずいぶん溜まってしまいました。最近モービル機等はほとんど売れませんし、売れても超格安です。そのなかからTS-700Sを引っ張り出してきました。TS-700S...
2022.01.22
アマチュア無線機の修理

東京ハイパワーのリニアアンプの電源コネクター

買い取りした東京ハイパワーのHL-63Lの電源コードがない 先日買い取りをした東京ハイパワーのHL-63Uの動作の確認をしようと思って、2階のシャックまで持ち上げていざ始めようとしたら電源コードが見つからない。アマチュア無線...
タイトルとURLをコピーしました