やっちまったな―落札者への間違った送料の連絡

この記事は約7分で読めます。
宅配便
エアコンはつけっぱなしで寝ているのだが、6時には目が覚めてしまい、それ以上眠れそうにないので起きだしてヤフオクの落札者への連絡と、梱包、発送をはじめました。
新たに9件の落札がありました。
ゆうパックとレターパックが半々くらいです。

何気なくゆうパックの物件に対して、住所だけ確認して60サイズの送料を連絡してしまいました。
というのも前日に入札状況はあらかた把握しており、大きいサイズはないものと思い込んでおりました。
ところが一向に捌けなくてトコロテンで出品を続けていたモノに落札がありました。

レターパックが足りないのでコンビニまで歩いて買いに行く途中にふと「アレーあれはとても60サイズでは収まらないのでは」と頭の中によぎりました。
しかしすでに60サイズで連絡してしまいました。
帰って取引ナビでその旨連絡しましたが後の祭りです。

代行業者なのですが朝が早い。
すでに支払い完了のお知らせが来ました。
出品者側では送料の訂正はできません。
落札者はかんたん決済の画面で訂正できますが、代行業者はたくさんの落札がありいちいち取引ナビなど見てる暇などないのかもしれません。

こちらのミスでもありよく落札してくれる代行業者なので、今回はコチラで被る事にします。
以後気を付けなくては(特にいつもと違った時間に作業をする時には)



無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました