お尻に火がついてきたのでアイコムのIC-970Dの修理

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
IC-970D
スポンサーリンク

無線機の修理がおしりに火がついてきました

あとがつかえてどうにもならなくなってきたので、先日のヤエスのFT-101ZDに続いてアイコムのIC-970Dの修理にとりかかりました。

依頼されたヤエスのFT101ZDの修理がようやく終了
私にしては珍しく早い行動です。
というのもヤエスのFT-101ZDをお返しした日に次の無線機が入ってきました。
これは過去に川花書房のヤフオクで落札頂いたヤエスのFT-1011なので断るわけにはいきません。
他にもやはりヤエスのFT-900が控えております。
さらに近隣の方より2台持ち込みたいとの連絡もいただいておりますが、事情を説明してお待ちいただいております。

一度催促の電話がありました

アイコムのIC-970Dは6月のはじめにお送りいただいたものです。
もちろん1.2か月お待ちいただく事は承知の上でお受けしたモノです。
電話では「せかすわけではありません」とおっしゃいますが、こちらには結構なプレッシャーです。
まぁ怠け癖が少しは解消されればそれもヨシです。

修理依頼の内容

無線機の事は良く分からないが送信できないとの事です。
一度アイコムに送ったが断られたとの事でその際の明細書が同封されておりました。

アイコムの修理明細書

お送られてきたIC-970Dは1200MHz帯のユニット(UX-97)も入っております。
ウチにもIC-970は2台ありますが、どちらにも1200MHz帯のユニット(UX-97)は入っておりません。
1200MHz帯のユニット(UX-97)はなかなかの貴重品です。

電源を入れて確認すると144~1200MHz帯まですべてのバンドで送信ができません。
アイコムからの報告に「結露によるとみられる腐食がある」との事で少々心配しましたが、幸い動作に影響を及ぼすほどの酷いモノではありませんでした。
電源ユニットの電解コンデンサーの交換と各種ボリュームとスィッチ類の洗浄を行いました。
例によってサンハヤトさんのお世話になっております。


一部修理完了


以上の処置のあと送信すると144MHz帯と430MHz帯は送信できるようになりました。

IC-970D 144MHz帯
IC-970D 430MHz帯

他機でモニターしてFMとSSBとも正常に動作しております。
しかし1200MHz帯はパワーメーターがまったく振れません。
モニターすると電波は出ているようなので、どうも1200MHz帯のユニット(UX-97)が怪しいです。
ただ1200MHz帯のユニット(UX-97)はヤフオクでも出品があまりなく、現在は1台出ておりますが48,000円と比較的高い値段です。
依頼者に相談してみます。

IC-970Dの後継機種はこちらです。


無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました