トリオ

アマチュア無線機の買取

真空管時代の最後の名器トリオのTS-830が入荷しました

真空管時代の最後の名器トリオのTS-830が入荷 TS-830は1976年に発売されたTS-820の後継機です。TS-820D 3.5-29.7MHz SSB/AM 195,000TS-820S 3.5-29.7MHz SS...
アマチュア無線機の買取

約50年も経た昔のTRIOのTR-1100Bが持ち込まれました

約50年近くも昔のTRIO(現ケンウッド社)のTR-1100BとPS-4が持ち込まれました。これは50MHZ AM FMの一応 ポータブル(可般式)トランシーバです。乾電池駆動が可能で出力は当時としては標準の1Wでした。TR-11...
アマチュア無線機の買取

先日買取した無線機の中に懐かしいトリオのTS-130が混じっておりました

先日買い取った無線機の中にトリオのTS-130Vが混ざっておりました TS-130は1978年に発売されたTS-120の後継機です。 TS-120との大きな違いはWARCバンドが追加された事です。 ただし受信のみ...
アマチュア無線機

宅配買取した古いトリオ、アイコムの無線機達をどう活かすか

商品価値のなくなった残念な無線機達 引き続き宅配買い取りした無線機類の整理をしております。 いずれも1970年代の古い無線機で、商品価値はほとんどありませんが、懐かしい無線機も混じっております。 現在のVFO方式...
アマチュア無線機

買取した無線機の整理、点検 | ケンウッドのTS-670

持ち込み買取したケンウッドのTS-670 先日の出張買取に続いてケンウッドのTS-670等の持ち込み買取 で持ち込んでいただいた無線機類のなかのケンウッドのTS-670を、点検してみました。 ありがたいことに元箱...
アマチュア無線機

当時のスタンダードな通信型受信機で多くのハムが使用したトリオの9R-59

1960年にトリオから発売になった9R-59は、メインダイアルとスプレッドダイアルを2段に並べた横行ダイアルの通信型受信機です。 回路的には当時の多くのハムが自作して使用していたモノと同じ、高周波1段中間周波2段の俗に言う一...
アマチュア無線機

トリオのTS130は当時はモービルハムに人気のあったトランシーバー

TS-120の後継機で、100WタイプのTS-130Sと10WタイプのTS-130Vがありました。 今ではそういう事はありませんが、価格もTS-130Sの方が2万5千円ほど高く、奥行も60mmほど長くなっておりました。 独自のPLL回路を使用したシングルコンバージョンのスーパーで、FETのバランスドミクサーを採用しておりました。 新しく割り当てられるWARCバンドも受信だけですが、可能になっておりました。 SSBモードではバンドを切り替えると自動的に、LSBとUSBが切り替わります。
アマチュア無線機

トリオのTS-180は少々路線から外れたHFのトランシーバー

少々異色のトリオのHFトランシーバーTS-180 トリオのTS-180はTS-130の前年にTS-120と共に発売されました。 なぜTS-120と同じ100番台にしたのか謎です。 トリオのTS-100番台はこの時...
タイトルとURLをコピーしました