送料の心配もありますが、大量の無線機類の宅配買い取り

この記事は約8分で読めます。
ヤエス FR-50B

宅配買取は積極的には行っておりません

当店では普段は持ち込みまたは出張買い取りがメインで、宅配買取は積極的には行っておりません。
古本も無線機類も大きくて重たいモノがほとんどですので、送料の事を考えてお断りする事が多くなっております。
宅配買取を依頼される方にも梱包というひと手間が加わりますし、ここ数年来の宅配各社の相次ぐ値上げで、送料もバカになりません。

長年の友人なので無下に断る事もできません

今回の依頼は長年の友人なので無下に断る事もできないので引き受けました。
宅配買い取りで無線機類をお送りいただきました。
140サイズ1個、120サイズ3個、100サイズ2個の合計6個口です。
当店では日本郵便と契約しておりますので、着払いも後納でOKなのですが、先方さんは集荷の都合でヤマト運輸の方がいいらしいので、今回はヤマト運輸になりました。

狭い玄関を占拠しております

玄関の宅配物
宅配便の荷物で狭い玄関を占拠しております。
中国地方からなので送料は一万円弱になります。
やはり宅配買い取りは送料がネックになりますね !

今回送ってもらったモノ

内容については数個だけは伺っておりますが、あとは不明で何が出てくるか楽しみでもあり不安でもあります。
というのも特に古い無線機類はアマチュア無線の34年問題の影響かどうかは不明ですが、相場が1.2年前と比較して随分下落しております。


アマチュア無線の34年問題と言うのは、スプリアス規制で古い無線機は使えなくなるというアマチュア無線家にとっては大問題です。
まったく使えなくなるわけではありませんが、簡単には使えません。

この問題では当店も苦い思いをしました。
面倒くさそうだったので、前回の無線局の免許の更新時に2.4GHzから47GHzを更新するのをやめました。
その後で当分の間暫定的に使ってOKとなったのですが、あとの祭りです。

受け取った無線機類の開梱と査定

少し前にも私の頭の中は2.3年前の相場しかインプットされておりませんので、ある商品をこれなら高額で直ぐに捌けると思ったので、それなりの値段で買い取りをしたもののなかなか売り切る事ができずに苦労した苦い経験もあります。
他にも買い取りした無線機の大半が壊れていたり、電源コード類がまったく付いておらず、
おまけにそれが特殊なコネクターですでに生産中止になっていたりと、困る事も結構あります。

受け取った無線機類はなるべく早く開梱して査定をしたいのですが、作業部屋は散らかり放題で足の踏み場もありません。
多くは処分をする廃棄本ですがまだそのままです。


パソコンも処分しなければならないモノが4台あります。
HDDを物理的に壊してから処分いたいのでこちらもまだ残っております。
他にも未修理の無線機類と所狭しと散らかっております。

そんな状態なので到着品はとりあえずリビングに置いておくほかなさそうです。
そのリビングにも先日買取した無線機類が、ほとんど商品化(ヤフオク等に出品)することなく山積みになっております。



無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました