まるでオーディオ機器を彷彿とさせるスタンダードのC50

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク
スタンダード C50
スポンサーリンク

オーディオ機器を彷彿とさせるスタンダードのC50

リモコンが付いてアナログメーターはなく、脚も昔の高級ビデオデッキに付いていたような金ぴかの脚。
スタンダードのC50が発売になったのは1990年で144/430MHzの FM10Wの トランシーバーで199,000円もしました。
当時の144/430MHzの FM10Wの トランシーバーの相場は8~9万円台でしたので、それと比較しても高価です。
同年に発売されたケンウッドの144/430/1200MHzのFM10Wのトランシーバーが149,800円でこちらは1200MHz帯が標準装備ですがスタンダードのC50は1200MHz帯がなくて199,000円なので、かなり強気の値段設定です。


C50Dは144MHz帯が50W,430MHz帯が40Wです。
オプションは28MHz帯と1200MHz帯でなぜか50MHz帯がありません。
今回ご紹介するスタンダードのC50は大分昔に入荷したたもので、当時はリモコンもありましたが現在ではリモコンもマイクも見つかりません。

リアパネルもアマチュア無線機とは趣きが異なります

スタンダード C50 リアパネル


外部スピーカー用の端子が4個もあったり、TV用のビデオ端子もあります。

スタンダード C50 脚

C50/C50Dの定格

C50C50D
周波数範囲  144MHz帯 144.000~145.995MHz 144.000~145.995MHz
430MHz帯 430.000~439.995MHz 430.000~439.995MHz
         28MHz帯 28.000~29.695MHz 28.000~29.695MHz
 1200Mhz帯1260.000~1299.990MHz1260.000~1299.990MHz
電源電圧AC:100V±10% DC:13.8V±15%AC:100V±10% DC:13.8V±15%
消費電流(受信時)1.3A1.3A
消費電流(送信時)4.5A(1200MHz帯は6.5A)12A(1200MHz帯は6.5A)
送信出力  144MHz帯10W50W
      430MHz帯10W40W
       28MHz帯10W50W
     1200MHz帯10W10W
変調方式リアクタンス変調リアクタンス変調
スプリアス発射強度  144MHz帯-60dB以下-60dB以下
           430MHz帯-60dB以下-60dB以下
           28MHz帯-60dB以下-60dB以下
          1200Mhz帯-50dB以下-50dB以下
最大周波数偏移±5KHz±5KHz



無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました