コンパクトながらアンテナチューナー電源を標準装備のアイコムのIC-736

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク
アイコム IC-736
スポンサーリンク

コンパクトなHF/50MHzのアイコムのIC-736

型番的にはIC-731の後継機と思われますが、330(W) X 111(H) X 285 (D)mm、重量10.48kgという、この当時の HF/50MHz 機としてはコンパクトサイズながら、アンテナチュー、電源を標準装備は腰痛持ちの身にはありがたい事です。

ケンウッド、ヤエス、アイコムの大手3社の中では、HF機に関しては遅れをとっていましたが、現在では一番元気が良い感じです。
IC-710を発売してからはHFでもIC-756PROなどDXerにも人気の高い機種を出してきました。

IC-736の特徴

ハイエンド機ではなく中級機としてはHF~50MHzで100Wの出力で、28V電源、ATチューナを内蔵しているのは、他社機には見られません。


ファイナルにはモトローラのMRF174を2本、28Vで駆動しています。
他社製品ではTRIOのTS-930SやYAESUのFT-980などのハイエンド機と同等で他社の中級機クラスには見当たりません。
受信時には、9MHz台と455kHz台のCWフィルターを実装できますので、PBT機能と併せて混信対策も十分です。

アイコム IC-736 背面
スピーチコンプレッサーレベル、ディレイタイム、アンチボックス、ボックスゲインツマミは背面の下部に配置してあります。

IC-736の定格

周波数範囲: TX:10-160 m + WARC / 50-54 MHz
       RX:0.5-30 / 50-54 MHz
ステップ: 1/20/50 Hz、1/9/10 KHz、1 MHz
周波数安定性: 1時間のウォームアップ後、25°C(77°F)で±30Hz
モード: AM / FM / SSB / CW
メモリチャンネル: 101
消費電力/消費電力: RX:75〜80 VA
          TX:500 VA
アンテナインピーダンス: 50オーム(ATUがオンの時は16.7〜150オーム)
受信方式: トリプルコンバージョンスーパーヘテロダイン
1次IF:69.01 MHz
2次IF:9.01 MHz
3次IF:455 kHz
受信感度: AM(10 dB S / N)
0.5-1.8 MHz:13 uV
1.8-30 MHz:2 uV
50-54 MHz:1.6 uV
FM(12 dB SINAD)
28-30 MHz:0.5 uV
50-54 MHz:0.3 uV
SSB / CW(10 dB S / N)
1.8-30 MHz:0.15 uV
50-54 MHz:0.13 uV
選択性: AM:6 KHz(-6 dB)、20 KHz(-40 dB)
     FM:12 KHz(-6 dB)、30 KHz(-50 dB)
SSB / CW:2.1 KHz(-6 dB)、4 KHz(- 60 dB)



無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました