先週のヤフオクは散々な目にあいました-キャンセル、勘違い

この記事は約11分で読めます。
ヤフオク

はじめて一週間で3件のキャンセル

永い間ヤフオクをやってきましたが、さすがに 一週間で3件のキャンセル ははじめてです。
ヤフオクは長年やっておりますが、「連絡用メールアドレス」って何 ?
一件は「取引情報」は連絡してきましたが、送料の連絡以来音沙汰なし。
もう一件は総合評価が1件でほぼ新規の方で同じく「取引情報」は連絡してきましたが、送料の連絡以来音沙汰なし。
評価の少ない方はお断りの設定をしておいたと思っておりましたが、改めて見直す必要がありそうです。
最後の1件は既に持っているのでという事でキャンセルの依頼がありました。

こうもキャンセルの連続では滅入ってしまってモチベーションを維持する事ができません。
買い取りした無線機類の点検もやる気がおきません。
保管場所がごちゃごちゃで居間まで無線機類が占領して、XYLからは早く片付けるよう促されていますが一向にかたづきません。
従ってヤフオクへの新規出品もなく落札も右肩下がりが続いております。

無線機類の販売ページも問い合わせはあるのですが、それの対応すら満足にできておりません。
腰痛が酷いせいもあって2階の測定器の置いてある場所までなかなか持って上がれません。
来年こそは 無線機類の販売ページ を見直して、画像や価格も掲示したいと思っておりますが、これも前記の理由でどうなる事やら !

どちらの勘違い

10日も前に発送が終わり、少なくとも1週間以上前に到着しているヤエスのFT-690について問い合わせがありました。

ヤエス FT-690


動作の確認等があっても2.3日もすれば受け取り連絡をするのが通常です。
受け取り連絡 もなく10日も経ってから問い合わせは普通に考えればあり得ません。

そのあり得ない事で時間を取られ、モチベーションを低下させられまいっております。
「firestorage」という私には経験のないところに画像を送ってきました。
確かにそこにある画像はFT-690ではなくFT-690mkⅡです。

ヤエス FT-690mkⅡ


しかし FT-690mkⅡ は過去には何台か落札され発送した記憶がありますが、今回の落札時点では FT-690mkⅡ の在庫はなく送りようがありません。

最初は訳が分からず悩みましたが、とりあえず「AppTool」で調べてみました。
「AppTool」でわかるのは半年前までですが、10月にFT-690MK2 & FL-6020が落札され取引が終了しております。
送り先は今回落札者とは違います。
しかしこの時点で当店のFT-690MK2の在庫は無くなっております。

送ったはずのない FT-690MK2 が相手側にあって画像も送ってきた、しかし当店にはその時点で在庫が無くて送りようがない。
サッパリわけがわかりません。

気を取り直してよくよく調べてみると、今回の落札者は落札者情報と届け先が異なっております。
何か違和感があったのでさらに調べてみると10月の FT-690MK2 & FL-6020 の落札者もID、名前は違っておりますが、送り先は今回と同じです。
さらに問い合わせてみると、住所は共用との回答がありました。
これで少し謎が解けてきました。
10月の FT-690MK2の画像ではないかという事です。

そこでグーグルとグーグルマップで検索してみると、どうも代行業者か転売屋のようです。
その業者の求人情報があり「入荷した商品を検品し、再梱包して出荷するお仕事です。難しい技術やテクニックは必要ありません。」とあります。
代行業者 なら10月に落札した商品を今まで置いてあるはずがありませんので、 転売屋 かと思いますが 「住所は共用 」で複数人が運用しているのでしょうか !
それならば管理は厳重に行ってもらいたいものです。

あまり芳しくない落札者

調べていくうちにいろいろ思い出してきました。
10月にFT-690MK2 & FL-6020の落札者はものすごい勢いで落札しており、当店からも1ヵ月に6件も落札しておりますが、対応は芳しくなくキャンセルがあったり、受け取り連絡はほとんどなかったりで散々でした。
この顛末については別ブログのヤフオクの質の低下ー連絡のない落札者が増えてきたに述べておりますので興味がございましたらヨロシク !

過去に取引ナビでこんなやり取りがありました。
「貴殿との取引はここ一月以内に6件ございます。
そのうち取引が完了したのは3件だけです。
TS-670は取引ナビで何度も連絡をお願いしましたがなしのつぶて。
IC-R7000は送料を連絡するも未だ支払われておりません。
FT-900はお届け先住所、お届け方法、お支払い方法を連絡いただけておりません。
過去に取引完了したうちでもTS-790は受け取り連絡なし。
ヤフオクは20年以上やっておりますが、貴殿のような方ははじめてです。
購入の意思が無いのなら入札は遠慮ください。
いたずら入札トラブル申告制度を利用しヤフオクに連絡せざるを得ません。
明確な説明がない時は申告させていただきます。
活発に落札をされているようですが、今後も続けていくのであれば熟考ください。
TS-670は落札者都合でキャンセルとさせていただきます。」

これに対する応答です。
「この度は大変申し訳ありません。
オークションに不慣れでして、ミスが続いてしまいました。
今後、こうしたことが起こらないように十分注意致します。

TS-670の件は完全に見落としておりました。
こちらも大変申し訳ありません。
お支払いは支払い期限までに行いますので
どうぞよろしくお願い致します。」

この時点でもヤフオクの評価はあまり良くなかったのですが、現在では86.8 %で、10月にはものすごい勢いで落札しておりましたが、一週間以内ではゼロで一ヶ月以内でも3件だけです。
あの勢いはどこへ行ったのやら。

今回のFT-690の落札者は6ヵ月以内で323件で96.3 %ですから、まぁ少々悪い落札者といったところでしょうか。
これはあくまで想像ですが、10月にFT-690MK2 & FL-6020の落札者の評価が悪くなったので、今回の落札者に替ったように思われます。



無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました