50MHz帯AM,FMフルカバーのナショナルRJX-601

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク
ナショナル RJX-601
スポンサーリンク

1960,1970年代は群雄割拠の50MHz帯無線機のメーカー

オールモード機ではありませんが、比較的人気のあったナショナルのAM/FM機のRJX-601を紹介しますが、その前に各社が50MHzのトランシーバーを発売した年を記しておきます。

年代型名メーカー周波数、モード、出力定価
1960年TSR-6Aトヨムラ電気商会50Mc AM 1W
RT-1江角電波研究所50Mc AM 1W
1964年FM-50P福山電機工業50Mc FM 0.5W39,000
1965年FDFM-1井上電機製作所50Mc FM 1W32,000
TCC-6F多摩コミニケ-ション50Mc FM 10W58,000
FM50-10A極東電子50Mc FM 10W58,000
TR-1000トリオ50Mc AM 1W27,500
1966年A-610ライカ電子50MHz AM 10W29,800
URC-6ユニーク無線50MHz AM 10W29,800
AFR-6鈴木電機3.5-30/50MHz AM/CW19,900
MARKER 6クラニシ計測器研究所50MHz AM 1W25,00
1967年2M710V超短波工業50MHz FM 10W59,900
OE-6Fオリエンタル50MHz AM 1W29,500
PANSKY mark6日新電子工業50MHz AM 10W 36,900
SC-62三協電機商会50MHz AM 2W27,500
FRT-605三協特殊無線50MHz FM 5W39,500
1968年SS-6杉原商会50MHz SSB 10W39,500
1970年ECHO-6協和通信機製作所50MHz AM/FM 1W33,000
1971年CQ-P7100A新日本電気50MHz AM/FM 3W35,800
1972年FB JUNIORミズホ通信50MHz AM 1W18,800
FT-620八重洲無線50MHz AM/CW/SSB 10W69,800
1973年RJX-601松下電器産業50MHz AM/FM 3W34,000

ヤエスの50MHzオールモードトランシーバー FT-620B
トリオの50MHz帯オールモードトランシーバー TS-600
アイコムの50MHz帯オールモードトランシーバーIC-551
50MHz帯のSSBが全盛期に発売されたアイコムのIC-505
50MHzの自作派には人気があった | アイテックTRX-501

ナショナルのRJX-601発売の背景

1966年から始まった養成課程講習会の影響もあって、アマチュア無線人口が増えつつあった1960年後半から1970年代半ばにかけては、50MHz帯はHF機に比べて安価な事もあり入門バンドとして、学生達にも人気がありました。

上記のように今では名も知らないような、ガレージメーカーも含めて各社が競っておりました。
トランシーバーでなく送信機としてはこれ以前にも、各社から発売されておりました。
有名どころとしてはデリカの50/144MHz送信機があります。

通常の地表波伝搬では100Km程度ですが、HFと違って50MHz帯はポータブルトランシーバーが多くありましたので、山などロケーションの良い所に簡単に移動でき、さらに交信距離を延ばせます。
夏場のEスポシーズンには300~1500Kmの長距離交信も可能です。

RJX-601の仕様

仕様
周波数:50〜54MHz連続可変(VFO発振周波数:29〜33MHz)
電波型式:AM(A3→現・A3E)/FM(F3→現・F3E)
変調方式:AM=終段コレクタ変調/FM=可変リアクタンス変調
終段/入力電力:2SC1306/12.0V6W
送信出力:3W/1W(切換可)
不要輻射強度:-60dB以上
受信方式:ダブルスーパーヘテロダイン
中間周波数;第1=21MHz・第2=455kHz
受信感度:AM=1.5uV時S/N比10dB以上 FM=1uV時S/N比20dB以上
選択度:AM=5kHz以上 FM=30kHz以上/-6dB
動作電圧:基準DC13.5V(DC11-15V)
消費電力:受信時40mA・送信時700mA(3W)・550mA(1W)
使用乾電池:単2形9本
内蔵アンテナ:ロッド式1/4λホイップ
外部アンテナ接続端子:M型接栓
外形寸法:190mm(W)×65mm(H)×230mm(D)
重量:2.2kg(本体のみ)

先行メーカーの機種より優れている点

先行した他社の機種に比べて、バンドをフルカバーしかつ送受一帯の完全トランシーブを実現。
他機種はVFO(可変周波数発振器)の可変範囲が狭いか水晶シンセサイザの水晶の数が少なく、バンド内を完全にカバーできなかった。

ナショナル RJX-601 VFO


3Wの出力
ポータブル機のうちではCQP-6300が3Wですが、それ以外は1Wでした。
スケルチノイズスケルチを搭載し、AM/FM両モードで動作した。



無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました