ヤエスの50MHzオールモードトランシーバー FT-620B

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
ヤエス FT-620B
スポンサーリンク

VHFに熱心でなかったヤエスの50MHzオールモードトランシーバー FT-620B

昨日の井上電機製作所のIC-71の記事でヤエスはHFばかりで、VHFに不熱心だったと述べてきましたので、今回はヤエスの50MHz帯のオールモードトランシーバーについて調べてみました。

碧南市から井上電機製作所のIC-71等を持ち込み買い取り
FMモードのない無線機を オールモードトランシーバー と呼ぶのにはいささか抵抗もありますが。

もっとも同時期の同型機種ではアイコムのIC-501もFMモードはありません。
アイコムの50MHz帯の無線機としては後にはつばいされたIC-502やIC-551の方が人気があったと思います。
本当に オールモードトランシーバー と呼 べるのはトリオのTS-600くらいかと思います。

FT-620Bは 1972 年に発売された50MHz SSB/CW/AM 10Wトランシ-バ-のFT-620 の後継機で、1975年に発売されました。
ちなみにアイコムのIC-501は1974年でトリオのTS-600は1976年です。

FT-620Bの特徴

前述のように価格を抑えたせいか、FMモードがないのに加えて52MHz~54MHzの水晶はオプション、マーカー発振器もオプションとなっております。

適用電源をAC,DCの両用にしたせいもあって電源コネクターが4ピンとなっております。
買い取りの際には電源コードがない事がままあるので、専用の 電源コード を作ってあります。

ヤエス FT-620B 背面
ヤエス FT-620B 電源コネクター



無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました