受信機類の買い取りは高価になりがちです

この記事は約7分で読めます。
宅配便

岡崎市から受信機類の持ち込み買い取りがありました

前日に電話で買い取りの依頼があり、無線機の買取はハム歴58年の川花書房に明細を送って頂きました。
受信機類の買い取りは高額になる事がママあります。
過去には20万オーバーの時もありました。
SWLの方の傾向として似たような種類の受信機をお持ちの方が多いのが特徴です。

SWLの方の傾向として似たような種類の受信機をお持ちの方が多い

大量の受信機類を持ち込み買い取りでお持ちいただきました
少々毛色の変わった受信機TANDY社のSX-190をイジってみました
20万オーバーの時はJRCのNRD-505からNRD-545まで揃っており、中には同じ機種が複数あるモノもありました。

今回はほとんどがAORの受信機類

宅配便
AOR A390
第一電波工業 CP-6S

AORの AR5000、 AR5000A 、SDU5600 、LA390、AR7030等で他にもアイコムのIC-R20や第一電波工業 のCP-6S他がありました。
当然コンビニのATMに駆け込んだことは言うまでもありません。



無線機の買取依頼は川花書房へ!

タイトルとURLをコピーしました